五十肩の原因と治療に関して
 
   自宅で肩こり頭痛改善ランキング

  五十肩の原因と完治し難い理由・・
  肩関節周囲炎・筋肉の老化・腕が上がらない
  対処法や運動療法などプロが教える肩こり改善サイト。

トップページ 肩こりプラス 肩こりサプリ 肩こりのツボ 肩こり予防運動
肩こり解消DVD 肩こり基本知識 肩こりの対処法 五十肩と肩こり改善 ストレートネック
中川式肩こり講座 エゴスキュー講座 サミー体操講座 頚椎ヘルニア教材 肩の痛み解消教材
  TOP五十肩と肩こり改善 >五十肩の原因と治療に関して
 
     
     
     
 

 五十肩の原因と治療に関して

     



こんにちは飛鳥塾整体院の中山です。

 

肩が上がらない、回せない、それは「石灰化現象」?

 

五十肩の原因と治療に関してについて、五十肩の病名は「肩関節周囲炎」 と言いますが、最初は炎症で痛みが出ているのですが、長期化し重症化すると関節包という潤滑液 (滑液)が溜まっている袋の中の骨などに石灰が溜まってきます。

この状態を [石灰化現象] というようですが、要するに石灰が溜まって 関節の可動域を著しく狭くしてしまい、[肩が上がらない、回せない、後ろに手が回らない] などの 可動制限が出てしまうのです。

[骨盤と五十肩] は一見関係なさそうに見えますが、五十肩の人の80%以上は骨盤の異常 があります。

骨盤を始め背骨などが何十年も時間をかけて傾き、「歪み、ズレてしまった部位」を 矯正するには、ある程度の時間をかけて骨盤矯正やそれに伴う体操を行う必要が あります。

力任せに矯正すれば、その時は整っても必ず反動が出てしまってすぐに元に戻ったり返って 酷くなったりします。

特に、[五十肩や頚椎間圧迫性] の肩こりや首痛などには十分な時間を かけた矯正と人間が本来持っている治癒力を引き出すべく治療をすることが必要になります。

肩や腰、お尻の筋肉は幾層もの筋肉に被われているために [筋肉の連動やバランス] を整えるのに時間がかかります。

「五十肩の場合」は、放って置いても1〜2年もすれば 痛み自体は自然に取れますが、筋肉繊維の収縮や炎症で痛みが出ているばかりではなく、 筋肉繊維包んでいる [筋膜と他の筋肉繊維を包んでいる筋膜とが癒着] してしまい 痛みを出してるケースも多いので筋肉を解すだけでは 中々治癒しないのも現実なんです。


五十肩は辛いですよね。
[五十肩を最短で改善に向かわせる] 、こんなものがあります。 【第2類医薬品】ラックル顆粒 14包

 

エッ!自律神経系バランス調整で五十肩が治った?

 

マッサージや骨格矯正だけでは治癒しないことが多いのもそういう訳で、 [筋膜と筋膜の癒着] を剥がす「筋筋膜リリース」という手法で癒着を取るしかありません。

しかし、「肩の可動域」の機能は放っていても治りませんので 「肩関節の可動域矯正」も必要にはなります。

[可動矯正と筋膜リリース] はセットで行うことが理想ですが、 可動域を広げることだけでも不自由のない生活を送れます。

「五十肩の人の肩の可動域」は改善した後も以前の可動域に くらべて明らかに狭くなっている場合も少なくありません。

「五十肩の治療」は、ゆっくり可動域を保ちながら無理のない ストレッチ運動などを取り入れながら自分でケアして行く事も大事です。

また、肩の可動域矯正に「骨盤矯正」を加えると五十肩の再発防止にも 繋がって行きますので、骨盤の歪みなども矯正した方がいいですね。

[五十肩を含め身体の異常] は骨盤の異常が元に なっているケースが非常に多いのが実情だからです。

五十肩とは肩周辺の症状ですが、関係しているのは [自律神経系のバランスの崩れ] が大きく影響していると言われています。この自律神経のバランスを整えるために 骨盤矯正体操は効果抜群なんですね。

     

院長が選んだ [自宅で肩こりの治し方] ランキング

高い治療費や交通費をかけて、「病院や治療院」に通っても中々改善しない! 「自宅で肩こりが改善する治療ってないのかしら?」

そこで、肩こりのプロである院長の私が、自宅でも治療効果の高い「肩こりの自宅治療法」 を厳選して [肩こり解消ランキングサイト] を作りました。

数量に限りはありますが、 [肩こりや肩周辺のトラブル] でお悩みの方、 治療費も交通費も掛けずに自宅で肩こり/strong>を解消させ ませんか?下記より是非一度ご確認くださいませ。

     


肩こり解消 TOPに戻る
「五十肩とは症状の名前」に進む



     
Copyright © 2015 自宅で肩こり頭痛改善ランキング All rights reserved.
     
by 飛鳥塾オフィシャルサイト