肩こりなどの応急処置方法
 
   自宅で肩こり頭痛改善ランキング

  素早い応急処置が大切な理由・・
  血行不良・状況判断・意識の有無
  対処法や応急的療法などプロが教える肩こり改善サイト。

トップページ 肩こりプラス 肩こりサプリ 肩こりのツボ 肩こり予防運動
肩こり解消DVD 肩こり基本知識 肩こりの対処法 五十肩と肩こり改善 ストレートネック
中川式肩こり講座 エゴスキュー講座 サミー体操講座 頚椎ヘルニア教材 肩の痛み解消教材
  TOP肩こりの対処法 >肩こりなどの応急処置方法
 
     
     
     
 

  肩こりなどの応急処置方法について

     



こんにちは飛鳥塾整体院の中山です。

 

薬物療法には湿布から炎症止めや神経ブロック注射まで

 

[肩こりなどの応急処置方法] については、一般的なスポーツなどの 現場では、痛み止めや炎症止めなどの薬物療法、もしくは [サポーターやテーピング] のような 固定療法が多く用いられているのではないでしょうか。

[痛み止めの座薬や湿布などの薬物と固定療法] なんですが、痛み止めには内服薬や座薬、 また身近な湿布や塗り薬、病院で使用する注射や点滴、または患部を固定するサポーターやテーピング などもありますね。

一般的には身近にある「薬物療法」といえば、 「湿布や冷却スプレー」、または「痛み止めのジェル」などがあります。

「固定療法」といえば、ギブスやサポーター、 またはテーピングなどすぐに思い浮かべることができますよね。

これらの「薬物療法」や「固定療法は、 身体の部位を痛めた時や筋肉痛、また肩などに不安がある時など身体的にも精神的にもサポート してくれる手軽さで使用することができます。

あとは、炎症を止める薬品や病院では痛み止めの注射や [神経ブロック注射] などがありますが、これらは私たちが自宅で手軽に行える「薬物療法」 ではありませんね。

スポーツ中に足首を捻挫した、ひざを痛めた、肘や肩を痛めた、こんなとき取り敢えずすぐに 応急処置ができるのが湿布や冷却スプレーなどの手軽な「薬物療法」でもあります。

また、肘や肩に不安がある、過去に痛めた腰や肩にも不安があるなど、 身体の部位が心配な時にサポートしてくれるのが、怪我予防にも有効で気軽に使えるのが、 [サポーターやテーピング] になりますね。


肩こりの予防に使っている方も急増中! 【姿勢矯正 猫背 肩こり 予防 血行促進 五十肩 】磁気付き背筋すっきりベルト]

 

固定療法には、テーピング、サポーターやギブスなど

 

スポーツをする人には手放せない「応急処置グッズ」でもある必需品ですが、 首の痛みや肩こりなどにもこれらの「薬物療法」や「固定療法」を使われたことが ある方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、これらは「肩こりを治す」というイメージでは 使われていませんよね。

どちらかと言うと「応急的」「取り敢えず」「その場しのぎ」 などの何もしないよりもマシ・・という感じで使われる場合がほとんどではないかと思います。

しかし、これらの療法も「応急処置的」な意味合い からすれば非常に効果的な療法だと思いますよ。

例えば [炎症の初期治療] だったり、血行不良のな改善だったり、 自宅で行う [肩こり改善にも手軽に行える治療法] だと思いますので、 まずは、これらで応急的な処置をするのも大切になります。

痛み止めの座薬や湿布などの薬物とサポーターなどの固定療法がありますが、一般的には市販の 湿布やスプレー、サポーター等で固定する方法が取られています。

     

院長が選んだ [自宅で肩こりの治し方] ランキング

高い治療費や交通費をかけて、「病院や治療院」に通っても中々改善しない! 「自宅で肩こりが改善する治療ってないのかしら?」

そこで、肩こりのプロである院長の私が、自宅でも治療効果の高い「肩こりの自宅治療法」 を厳選して [肩こり解消ランキングサイト] を作りました。

数量に限りはありますが、 [肩こりや肩周辺のトラブル] でお悩みの方、 治療費も交通費も掛けずに自宅で肩こり/strong>を解消させ ませんか?下記より是非一度ご確認くださいませ。

     


肩こり解消 TOPに戻る
「肩こりなどの応急処置とは」に進む



     
Copyright © 2015 自宅で肩こり頭痛改善ランキング All rights reserved.
     
by 飛鳥塾オフィシャルサイト