基礎代謝をあげる運動とは?
 
   自宅で肩こり頭痛改善ランキング

  基礎代謝が中々上がらない理由・・
  筋肉量・運動習慣・食事療法
  予防法や運動療法などプロが教える肩こり改善サイト。

トップページ 肩こりプラス 肩こりサプリ 肩こりのツボ 肩こり予防運動
肩こり解消DVD 肩こり基本知識 肩こりの対処法 五十肩と肩こり改善 ストレートネック
中川式肩こり講座 エゴスキュー講座 サミー体操講座 頚椎ヘルニア教材 肩の痛み解消教材
  TOP肩こり基本研究 >基礎代謝をあげる運動とは?
 
     
     
     
 

  基礎代謝をあげる運動とは?について

     



こんにちは飛鳥塾整体院の中山です。

 

基礎代謝を上げればダイエットなんてしなくていい?

 

[基礎代謝をあげる運動とは?] について、 基礎代謝を上げるサプリもありますが、基礎代謝はやはり筋肉量と関係しますので 適度な運動によって筋肉量を増やし、また維持することが大事になります。

基礎代謝とは、人間が運動や活動をしなくても身体に備わった基本的な 個人的代謝力によって [カロリーを消費していく量] のことをいいます。

要するに、ジッとして何もしなくても燃焼されるという とてもありがたい「身体の仕組み」のことです。

基礎代謝量が高いのは、[男女ともピークは10代] で、 その後、年齢とともに少しずつ減っていきます。

そして、40代を過ぎると急激に低下して行くのが基礎代謝です。

個人差はありますが、20歳前の成長期の男性は一日に およそ [1500kcal、女性は1200kcal] でピークを迎えます。

加齢につれて徐々に減り始め、[40歳前後の男性で約1450kcal、「女性」で約1115kcal] と一気に下がってしまいます。

さらに10年後の [50歳には男性約1400kcal、女性約1100kcal] とまた一段と下がるのです。


筋肉量の増加、この相乗効果として筋肉量が増えれば健康量も増えます。 筋肉量を増やして基礎代謝を上げましょう。 【ソイプロテイン】 アルプロン ソイプロテイン100

 

基礎代謝が高ければ、例え寝転んでいても太らない

 

つまり、年をとっても若い時と同じような食事をしていると、 「間違いなく肥満」になってしまうということですね。

中年以降の人は基礎代謝が下がり、燃焼しにくくなりますので、 太りやすくなると言われるのにはこうした理由からなのです。

また、基礎代謝量は季節によっても違っていて暑い夏は少なく、 寒い冬は代謝量が多くなります。

これは、冬には体温を維持しようとするためなのですので、 冬を薄着で過ごしたりすれば、さらに基礎代謝量は上がるのです。

しかし、筋肉量が多くて血液循環などの状態がいい人は 「基礎代謝も高い」ということなんですが、 身体の歪みや骨盤の歪みなどがある人の場合、基礎代謝が 一段と下がっている可能性が考えられます。

体操やストレッチなどで、骨格や骨盤矯正を行なって 基礎代謝を上げる努力をしましょうね!

もちろん、基礎代謝が上がれば疲れ難くもなりますし、 基礎代謝が高いということは筋肉量も多いということに なりますので、当然ながら「肩こり」などの身体の不調も予防できるということになりますね。

基礎代謝を上げるサプリもありますが、サプリなどに頼るばかりでは ダメですね。

     

院長が選んだ [自宅で肩こりの治し方] ランキング

高い治療費や交通費をかけて、「病院や治療院」に通っても中々改善しない! 「自宅で肩こりが改善する治療ってないのかしら?」

そこで、肩こりのプロである院長の私が、自宅でも治療効果の高い「肩こりの自宅治療法」 を厳選して [肩こり解消ランキングサイト] を作りました。

数量に限りはありますが、 [肩こりや肩周辺のトラブル] でお悩みの方、 治療費も交通費も掛けずに自宅で肩こり/strong>を解消させ ませんか?下記より是非一度ご確認くださいませ。

     


肩こり解消 TOPに戻る
「基礎代謝量と年齢や性別」に進む



     
Copyright © 2015 自宅で肩こり頭痛改善ランキング All rights reserved.
     
by 飛鳥塾オフィシャルサイト