肩こり頭痛|自宅解消法ランキング









   頭痛 肩こりと東洋のツボ療法
 
自宅で肩こり解消ランキング

トップページ 肩こりプラス 肩こりサプリ 肩こりのツボ 肩こり予防運動 改善プログラム
肩こり解消DVD 肩こりの基本研究 肩こりの対処法 五十肩と肩こり改善
  TOP肩こり基本研究頭痛 肩こりと東洋のツボ療法
 
 

  頭痛 肩こりと東洋のツボ療法について




こんにちは飛鳥塾整体院の中山です

 

肩井(けんせい)と天柱(てんちゅう)肩こりの主要ツボ

 

[頭痛 肩こりと東洋のツボ療法] とは何か、身体中に経穴と云われる ツボが存在しますが、その中でも足の裏や耳のツボ療法が最近人気を集めているようですね。

特に「耳つぼ療法」は、専門のお店があちらこちらにできているのにも驚きです。 [耳つぼ療法にはダイエット効果] などが人気を集めている理由なのだと思いますし、 ツボの刺激で痩せられれば皆さん飛びつくのも無理はありませんね。

肩井(けんせい)と 天柱(てんちゅう)ツボ位置などについて

[自宅で肩こりを改善する方法] としては定番とも言えるのが、 「ツボ療法」だと思います。

「ツボ療法」は、中医学では身体に経絡という流れがあって、 その流れの途中にある「経穴」という云わば駅のような存在で、 身体に重要な影響を与える拠点のようなものが「ツボ」なんです。

武術では、これを「急所」として扱い「活殺」の殺に用い、 医術では、これを「養生」として扱い「活殺」の活に用いました。

扱い方一つで、「活殺」を自在に行うことのできる場所 ということも言えるんですね。

今日は、肩こりの代表的な経穴と言ってもいいほど有名なツボを ご紹介しますが、扱い方次第で命に関わることはありませんが、 「扱い方次第では即効的な効き目」もあるツボなんですよ。

天柱 (てんちゅう)

後頭部の髪の生え際付近の乳様突起という耳の後ろの 尖った骨の内側「風池」のツボから少し中央よりの左右に位置しています。

これは万能のツボで、 [頭痛・肩こり・眼精疲労・肉体疲労 ・精神疲労] と、ありとあらゆる症状にも有効なツボです。

その中でも特に有効なのは、やはり自律神経にまつわる 神経的な部分に作用し筋肉の緊張を弛緩し血流を促すツボで 効果的なのは血行促進効果が強いからだと言われています。

ツボの刺激法は、人差し指・中指・薬指の3指でグーっと押圧します。

すると、すぐに頭が冴えて首が軽くなる感覚を得られると思います。

手をクロスさせて右手で左側天柱、左手で右側天柱を 刺激するのも押しやすいのでやってみましょう。

肩こりの症状が出ている場所や痛みのある場所ではなくて、 この「天柱のツボを中心」に仕事などの合間に 自分で押圧すると肩こりの改善に効果的です。


肩こりのツボも筋肉のコリも同時に押して治しちゃえ! こんな優れものが一台あればいいですね。 【送料無料】 揉まれる肩 首スッキリピロー ツボ押し

 

ツボ押し療法によって血行不良が瞬時に解消する

 

肩井(けんせい)

「肩鎖関節」から少し首寄りの位置になります。

肩こりになると自分でこの辺りを指で押したくなる場所で、 押圧し刺激すると強烈に「効く〜」という位置です。

肩こりのツボで一番有名な代表的なツボでもありますね。

因みに、この「肩井のツボ」は、武術では急所にも使われている部位です。

「筋緊張を解くことで血行を整える」

「ツボ療法」も血液の循環を整えることで「肩こり」などの 血流不足が原因している疾患に効果があるということになります。

「血行不良」は、すべての病気に起因していますので、 手段は様々であっても、手軽にできる「ツボ療法」を用いて、 肩こりを引き起こしている「血流不良」を取り除いてしまいましょう。

自分の健康や身近な人の健康をもっと詳しく学びたい人! 「ツボ」や「東洋医学」のことをもっと知りたい方は、一度こちらをご確認下さいませ。


院長が選んだ [肩こり解消] ランキング

高い治療費や交通費をかけて、「病院や治療院」に通っても中々改善しない! 「自宅で肩こりが改善する治療ってないのかしら?」

そこで、肩こりのプロである院長の私が、自宅でも治療効果の高い「肩こりの自宅治療法」 を厳選して [肩こり解消ランキングサイト] を作りました。

数量に限りはありますが、 [肩こりや肩周辺のトラブル] でお悩みの方、 治療費も交通費も掛けずに自宅で肩こりを解消させ ませんか?
下記より是非一度ご確認くださいませ。




肩こり解消 TOPに戻る
「見えない頭痛 肩こり 首痛の原因」に進む


       
Copyright © 2015 自宅で肩こり解消ランキング All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト